ヒーリングルームちゅらいろ

記事一覧(12)

バッチフラワーレメディ

イリスカラーセラピスト養成講座

エゴギョウカウンセリング

「エゴギョウ」とは、東洋の陰陽五行説(自然哲学)+西洋の交流分析法(エゴグラム)を統合した心身の状態を客観的にとらえる手法のことです。 私達人間を含む地球上・自然界に存在する全てのもの(森羅万象)は「木」、「火」、「土」、「金」、「水」
の5つの元素により成り立っている。と、いう考え方を「五行」と呼びます。それぞれの元素は、お互いに影響し合っています。例えば木が燃えると火を生み、燃えた火の後には灰(土)が生まれ、土が固まることで鉱物(金)が生まれ、金属から水ができる・・・という風に、それぞれの元素は、循環し合っています。これを、相生関係と呼びます。 もう一つのとらえ方としては、木の根っこは土を砕き、土は水の流れを止め、水は火を消し、火は金を溶かす・・・
という風に、他の元素を打ち消す関係になっていることもあります。こちらは、相剋関係と呼びます。私達人間も、それぞれが、この自然界にある5つの特徴と同じような特性があり、だからこそ、人間関係の中でも、
エネルギーが良循環したり、悪循環したり、、、
ということが起きていると考えているのが、人間に当てはめた五行となります。「自分自身の五行(特性)を知って、より自分らしい生き方を目指す」のが、エゴギョウカウンセリングとなります。当サロンのエゴギョウカウンセリングでは、チェックシートを用い、五行のうちでどの性質が高いか・低いかを、チェックします。「木」の性質が高い場合→計算や数値に強く、冷静で判断力がある。 「火」の性質が高い場合→素直で直観力、行動力がある。 「土」の性質が高い場合→共感力が高く、サービス精神が旺盛。 「金」の性質が高い場合→真面目で、自分の役割に確実に徹する。 「水」の性質が高い場合→控えめで、周りに順応する。この世は、陰と陽、表と裏。表裏一体であり、どちらの面もあって当然ですが、どちらかに偏ることで、心身の不健全な状態を引き起こすきっかけになります。 その状態(どういう性質が高いか・低いか)を客観的にとらえ、過剰な特性は抑えて、不足している特性は補う、ということを目的にしています。過剰な特性・不足している特性は、私達人間が、置かれている環境によって生き抜くために、順応するために作ってきた特性であり、まさに自然界と一緒です。それが間違っているわけでも、それを変えなければいけないわけでもありませんので、優劣をつけ、ジャッジするためのツールではございませんので、ご安心ください。

パワーストーンブレスレット作成